税理士のサービス内容

税理士は法律によって定められた税務についての専門家つまりプロです。仕事内容は税務署などに申告や申請のほかにも不服の申し立てや税金が多い場合や少ない場合の還付について行ったりします。それ以外には税についての相談もするのが主な仕事です。この仕事に就くためには資格を取る必要があります。実はこの仕事はこの専門の試験に受かった人だけではなく、公認会計士や弁護士でもなることができます。ちなみに弁護士はとても難しい司法試験を受ける以上なのでもちろん司法書士や行政書士にもなることができる資格なのです。この資格を取るためには大変ですがほかにも税務署などで二十三年以上働けば資格は得られます。またこの資格にて仕事をしたい場合連合会の名簿登録が必要になっています。しかしこの資格を取ることは難しいことです。なぜかというと経験などがない場合日商簿記の一級を取らなくてはなりません。三級や二級は取る人が多い日商簿記ですが、一級となると難しいようです。相続の場合ですが実はこの資格を持った人を利用するケースは実は少ないのです。なぜかというと相続税というのは所得税などのように控除というものが存在するからです。一人でも三千六百万円まで控除することができます。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿