財産の評価を下げるために必要なこと

亡くなった方がその日に所有していた動産や不動産などは全て相続財産として考えられ、相続には相続税が発生します。存命中に相続財産とみなされるものを減らしておけば相続税を節税できることになります。浪費せずに財産そのものは残しながらも相続税を節税する方法の一つに「財産の評価を下げること」があります。財産には動産や不動産など様々な形がありえますが、それぞれの評価方法が異なり、それぞれの評価額を下げる工夫をしておくと相続税を下げることができます。
不動産であれば相続時の形状や大きさによって減額内容も変わってきます。また、その時の利用状況によっても評価の方法が異なり、他人に貸与している場合には評価が低くなります。このように、状態によって相続税の負担が変わりますので、生前に現状での相続税の額を確認し、可能であれば相続税を下げる工夫をしておくと良いです。例えば、財産の評価としては、現金のままで相続するのが最も相続税が割高になってしまいます。現金を土地や建物などの不動産に変えるだけで財産の評価は下がります。土地は時価の8割程度の路線価評価となり、建物は時価の4割程度の固定資産税評価となります。これらの土地や建物を他人に貸すとさらに財産の評価は下げることができます。他人に貸与した土地は貸家建付地という分類となり貸与前の土地の評価の約8割の評価となり、他人に貸与した建物は貸与前の建物の評価に借家権割合である7割をかけた評価になるという具合です。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿