遺言執行者について

遺言執行者というのは、遺言者の遺言の内容にしたがい、相続財産の管理その他遺言の執行に必要ないっさいの行為をする人のことです。
通常は、遺言書のなかで具体的に指名しておきますが、本人の死後に相続人などの利害関係者からの請求によって、家庭裁判所が選任をする場合もあります。
未成年者や破産者でなければ誰でも、すなわち相続人であってもなることが可能ですが、一般的なのは弁護士などの法律に詳しい専門の有資格者です。
特に、遺言のなかに子供の認知や推定相続人の廃除・取消しなどの事項が含まれていた場合については、法律上もこの役目の人がいなければ遺言の執行ができないこととされているため、遺言書のなかで指定がなければ、家庭裁判所に選任してもらう必要が生じます。
その他の遺言の執行については、もちろん相続人だけでできないこともありませんが、遺産分割などは相続人の間でトラブルが起きやすいといえますので、あえて弁護士のように第三者的な立場の人に関わってもらい、遺言の趣旨を公平に実行してもらうという意味で、わざわざ指定することがあります。
なお、こうした場合には、相続人が遺言の対象となっている遺産を独自に処分したり、遺言の執行を妨げるような行為をすることは禁止されます。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿