遺言執行者になれる人

遺言執行者というのは、遺言の内容を実現する権限を持つものとして指定された人のことであり、相続人の代理人として、相続財産を管理するとともに、遺言執行に必要なその他のいっさいの手続きを行います。
基本的には生前に遺言書のなかであらかじめ特定の人物を指定しておきますが、死後に相続人などからの請求があれば、家庭裁判所が選任してくれることもあります。
民法のなかでは、未成年者や破産をしている人については、この指定は受けられないとされていますが、裏を返せば、未成年者や破産者でなければ、誰でもなることができ、それはたとえ相続人のような利害関係のある人であっても同様であるとされています。
ただし、実際に利害関係者である相続人がこの地位についてしまうと、親族同士でのもめごとになるケースも多いとみられますので、法律上も業務の一環として予定されている弁護士や司法書士といった専門家に依頼をして、とどこおりなく遺言の内容に沿って手続きを進めてもらうというのが一般的なあり方といえます。
なお、弁護士や司法書士が指定された場合については、たとえ相続人としての立場をもつ人であったとしても、相続財産を勝手に処分するなど、遺言の執行を妨げるような行為はできないものとされています。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿