遺言によって遺言執行者が数人指定されていた場合の遺言執行事務の進め方

被相続人である人物が死亡した場合、その人物の遺した財産は相続人たちによって相続されることになります。しかし、実際の相続の場ではときには相続人たちの間で相続に関する争いごとが発生してしまうこともあり、そのような事態を避けるための手段として被相続人は自分の死後に遺言書に添った相続に関する適切な処理を行ってくれる人物をあらかじめ指定しておくことができます。
遺言書に従って財産を分配していくことは相続人が行ってもかまわないのですが、相続人同士で利害関係が生じてしまうケースが多いため、スムーズに財産の分配をするには利害関係のない人物に遺言の執行を任せるのが一番です。
被相続人によって依頼され、遺言賞に添って相続人たちの利害を調整する役割を担う人のことを遺言執行者といいます。この執行者の指定に関しては特に人数に制限が設けられてはなく、一人の人物を指定することはもちろん、複数人の人物を指定しておくことも可能です。複数人の執行者を指定しておく場合、被相続人は執行者のそれぞれに職務分担をしておくのが最善の策ですが、特に職務分担をしないままでも問題はありません。
もしも、遺言を執行する際に意見が分かれるような場合には、執行者の過半数で物事を決定していくことになります。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿