遺言について知っておきたいこと

遺言が法的に効力を持つのは、「相続関係」は財産の分割方法や相続分の指定、「身分に関すること」としては、子供の認知、後見人や後継監督人の指定などがあり、他にも「財産の処分」として、財産を相続人以外の第三者に贈る指定、財産の寄付などがあります。原則としては、書面であることが要件です。口頭や、カセットテープに録音したものは有効と認められません。本人が書くことが要件で、代理人に書いてもらったものは法的効力はありません。ただし、公正証書は公証人が作成しますので、本人が署名押印すれば有効です。
「自筆証書」は全文自筆で書くことが条件で、パソコンや代筆は無効ですが、縦書き、横書きは自由です。日付の無いものや「〇月吉日」などは不可で、正確な日付を書きます。自筆で署名・押印し、実印がよいですが、認印・三文判も可です。母印は不可です。間違えたときや訂正は、変更箇所に押印し、欄外や末尾に変更箇所と内容を付記して署名します。用紙や筆記具は、長期保存に耐えるものを選びます。
また、法的に効力はないとしても、故人の最期のメッセージとして自分の葬儀や納骨方法、献体や臓器提供に関すること、遺品整理のあり方、そして、家族の幸福を祈念していることなどを自由に記することもできます。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿