注意!支配欲が強い束縛タイプの場合

支配欲の強い男性は、女性にはなかなか理解し難いものです。リーダシップの面で上手く発揮される場合もあれば、独占欲から束縛したり、権力志向で人の言うことを聞かなかったりします。威圧的な態度も女性から敬遠されます。そもそもある程度の年齢になって母親を独占できないことを知った時に、支配欲が芽生えるとされます。このような男性は被害妄想によくとらわれます。女性が自分を裏切っているのではないかと詮索し、あらぬ疑いをかけてきます。それが原因で口論に発展することもしばしばです。口論になったら、決して相手の意見に逆らってはいけません。プライドが高いので、言い負かそうと考えずに相手の話をよく聞き冷静になだめます。プライドを傷つけるような言葉は、かえって相手を攻撃的にしてしまいます。相手に常に優越感を持ってもらうように気をつけます。被害妄想に陥らないように、基本的には下から物を言います。もし小さな願い事を提示してきたら、出来る範囲で受け入れることも大切です。支配欲の強い男性は、自分を慕ってくれる相手を守ろうとする気持ちが強いです。見方を変えればとても心強い支えになります。こちらが従順であることを示せば、後は単純なので手のひらでコントロールしやすいタイプでもあります。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿