特別縁故者に分与する場合

被相続人が亡くなった際に、その遺産を受け継ぐべき相続人がいるかどうかわからない場合には、家庭裁判所によって選任された相続財産管理人は、被相続人が抱えていた借金や未納の公共料金などの債務を支払うなどして清算をします。
その後、相続人を捜索するために家庭裁判所による公告が出されますが、もしこの公告の期間内に誰も相続人であると名乗り出なかった場合には、いよいよ相続人がいなかったということになります。
その場合、家庭裁判所では、被相続人と特別に縁故があったと認められる人からの請求によって、残余財産の全部または一部をその人に分与するという決定を行います。
この制度の申立人となることができる特別縁故者 というのは、内縁の妻のような被相続人と生計を同じくしていた人、生前に被相続人の看護や介護に努めていた人、その他被相続人と特別に密接な関係があった人が該当します。
申立てができる期間は、公告で定められた期間が満了した後3か月以内となっており、被相続人の最終的な住所となったところを管轄している家庭裁判所に対して、申立書、申立人の住民票または戸籍の附票などの書類を添付し、所定の手数料を払った上で、この申立てを行うことになります。ウェディング07

コメントは受け付けていません。

最近の投稿