相続税のかからない財産について

遺産相続をしましたら相続税がかかる場合があります。不動産や金融資産などは課税対象となりますが、財産に中にも相続税がかからない財産があります。相続非課税財産の対象となるものは次のようなものです。
墓地、墓石、仏壇など日常的に礼拝しているものは非課税ですが、骨董的価値などを重視したものは含まれません。死亡保険金は500万円に法定相続人の数を掛けた金額以下に対しては相続税はかかりません。同じく死亡退職金も500万円に法定相続人の数を掛けた金額が非課税限度額となります。
遺産相続をしたが今後の使い道によって相続非課税財産に含まれるものもあります。
宗教や慈善活動など公益を目的とする事業を行っている個人などが相続した財産を公益目的の事業のために使うことが確実な場合は非課税となります。また申告期限までに国や地方公共団体などに相続した遺産を寄付した場合なども非課税財産として扱われます。その他にも個人で経営していた幼稚園で使われていた財産は、相続人が経営を引き継ぐ場合に限り非課税となります。
このように財産の性質や社会的政策の見地、国民感情などを勘案して課税対象とするには相応しくない相続財産は、相続非課税税財産となっています。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿