相続税がかかる人とは

相続税の計算方法は、次のようになります。
まず、現金や預金、土地・建物などの「相続財産」、生命保険金などの「みなし財産」などから、墓・仏壇やみなし財産の非課税分などの「非課税財産」と「葬式費用」、「債務」などを差し引いたものが「純資産」となります。ここから、「基礎控除額」を差し引いたものが「課税遺産」で、相続税が課せられるのは、この「課税遺産」に対してです。
基礎控除は、相続人の人数によって決まり、「3000万円+600万円×相続人の数」となります。課税遺産を法定相続割合で按分し、税率をかけた後合計して相続税合計を出したら、実際に遺産を分割した割合で相続税合計を按分して、相続人それぞれが負担する相続税額を計算します。
ただし、相続税には特例があり、次のような場合には税額が軽減されます。
配偶者は法定相続分、または課税価格1億6000万円までの財産を相続しても相続税はかかりません。また、住宅の土地建物を相続した場合には、330平方メートルまでは相続税の課税から価格の評価額を80%減額できます。ただし、配偶者や同居していた親族が相続して住み続ける場合など条件があります。居住していない貸家の敷地は200平方メートルまで50%減額できます。pet03_l

コメントは受け付けていません。

最近の投稿