相続財産を調べる方法

相続が発生した時には相続財産に漏れが無いように財産目録を作成した方がいいでしょう。法律で作成が義務付けられているわけではりませんが、相続人同士でもめることがないように分かりやすくまとめておくほうがいいでしょう。財産目録には不動産の評価額、預貯金、株や債券、宝飾品などのプラス財産の他に、借金や、税金や治療費の未払いなどのマイナス財産も記載します。相対的にマイナスになれば相続放棄も選択肢に入りますのでマイナスは特に重要です。預貯金は通帳や金融機関の残高証明書で調べられます。どの金融機関に口座を開いていたのかわからない時には少し厄介ですが、地元の銀行に照会したり、ネット銀行やネット証券の場合にはブラウザの履歴を活用する方法もあります。不動産は権利書若しくは固定資産税納付書をもとに役所と法務局で調べられます。役所の名寄帳で所有している不動産を確定し、法務局で登記事項証明書をもらいます。厄介なのは借金です。基本的に内緒で借りることが多いお金ですので、総額が分かりにくいことがあります。契約書やカードの利用明細が見つかればいいですが、わからない時は個人情報信用機関で故人の情報を開示して貰う方法もあります。猫09

コメントは受け付けていません。

最近の投稿