相続財産を売却する際の減税ポイント

遺産相続した不動産を売却した場合、その売却代金は譲渡所得として所得税の課税対象になります。
譲渡所得の課税対象は、売却代金から不動産の取得費と譲渡費用を差し引いた額に対して課税されます。
取得費とはその土地や建物を購入した際にかかった費用や、その後にかかった改良費や設備費も含まれます。遺産相続した場合は被相続人が取得した際の費用が取得費となります。そのため何年も前に親が購入した遺産を相続したとなりますと、その購入時の費用などが分からない場合もあります。そのような場合は不動産の売却価格の5%を取得費として課税額を計算します。
譲渡費用とは、不動産を売却する際にかかった仲介手数料や印紙代などの様々な費用のことです。
売却する不動産を被相続人が取得してからどれくらいの期間が立っているかによって税率が異なってきます。譲渡した年の1月1日において所有期間が5年以下の場合は所得税・住民税を合わせた税率が39%で5年を超えていた場合は20%となります。
また相続した土地を一定期間内に売却した場合は、相続税額のうち一定額を取得費に加えることが出来ます。この特例を受けるためには相続開始の日の翌日から相続税の申告期限の翌日以降3年以内に売却する必要があります。なおこの特例を受けるためには確定申告が必要となります。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿