司法書士・行政書士のサービス内容

司法書士は身近な法律トラブルを解決する仕事をしており、主な仕事は「登記・供託」、「裁判事務」、「成年後見業務」などです。
不動産登記とは、土地や建物についての物理的状況や権利の変化を法務局の登記簿に記載し、広く社会に公示することによって取引の安全性を守ることで、依頼を受けて登記申請手続きを行います。会社の登記も、法務局に登録して公示することで取引の安全を保障しますが、これも依頼を受けて書類作成や申請代理業務を行います。
裁判事務では、書類作成や訴訟手続きのサポートを行います。また簡易裁判所での訴訟代理業務を行います。
成年後見制度は、認知症や精神上の障害のある人を法律面からサポートする制度で、この制度の支援を全般的に行います。
この他、債務整理では、代理人として任意整理や過払い金返還請求を行い、自己破産・個人再生では、裁判所への提出書類の作成を行います。また、遺言・相続に関する業務も行っています。
行政書士の仕事内容は、官公署に提出する書類・権利義務に関する書類・事実証明に関する書類の作成と代理、相談業務で、扱える書類は数千種類以上です。メインとなるのは官公署への申請手続き代行業務で、行政書士の専門業務となります。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿