算定の方法

故人から遺産を相続したときに掛かるのが相続税です。相続税の算定方法はとても複雑なため具体的な計算はプロの税理士に依頼することになりますが、大まかな流れとしては次の三段階に分かれます。
一つ目は「課税遺産額の計算」です。課税遺産額は「課税価格」から基礎控除額を引いた金額です。「課税価格」は「本来の相続財産」に「みなし相続財産」と「相続開始前3年以内の贈与財産」と「相続時精算課税による贈与財産」を加え「非課税財産」と「債務」を差し引いて算出します。
二つ目は「相続税額の計算」です。相続税額を計算するには、まずそれぞれの相続人が、民法に定められる法定相続分に従って財産を相続したと仮定して「取得金額」を計算します。この金額よって税率や控除額が異なり、それぞれの相続人の相続税額が仮定されます。この仮定として算出された相続人ごとの相続税額の合計が相続税の総額となります。
三つ目は「納付税額の計算」です。相続は必ずしも法定相続分に従って行われるとは限りません。そこで算出した相続税の総額を、実際に相続した課税価格に応じて割り振り、相続人ごとの税額を再計算します。このとき、税額控除や加算がある場合には、調整して最終的な「納付税額」を求めるのです。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿