国際離婚するときに知っておきたい自分の名字と戸籍知識

国際結婚をして日本の役所に届けると、性別に関わらず、本人が筆頭となる新しい戸籍が作られます。結婚後、国外に住む場合でも日本国内の本籍地は必要で、一般的に親の住所や元の本籍地をそのままにしておきます。氏名欄に本人の氏名、配偶者区分に「妻」または「夫」と記載されます。身分事項欄には、出生届出の記載が最初に書かれ、外国人配偶者との婚姻について、「届出年月日、配偶者の国籍、氏名、生年月日」が記載されます。
国際結婚では、婚姻届だけでは姓が変わりませんので、外国姓にしたい場合には、「氏の変更届」を出します。原則としてカタカナ表記でアルファベットは使えません。漢字は使えますが、日本の正字のみです。婚姻届の配偶者の姓と同一表記である必要があります。
国際離婚の場合、姓の変更をしていなければ名字はそのままで、戸籍も新しく作った戸籍のままです。「氏の変更届」で相手の姓に変えていた場合、自分の名字に戻りたければ3ヶ月以内に手続きが必要です。3ヶ月を過ぎると、家庭裁判所に申し立てる必要があります。結婚後に家庭裁判所に改氏の申し立て手続きをして外国人配偶者の姓にしていた人が元の姓に戻る場合には、同じように家庭裁判所に申し立てます。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿