国際離婚をする場合の子供の戸籍と名字について

国際結婚をする場合、結婚後に暮らす国によって異なりますが、子供の名字は両親の話し合いによる判断で決まります。結婚後に日本で暮らす場合には、以下の二通りの場合があります。
一つ目は、日本人の親が日本姓のままであり、かつ夫婦別姓の場合です。この場合、子の名字はどちらかの親の姓になります。二つ目は、日本人の親が外国人である配偶者の姓になるか、両者の姓をくっつける複合姓にした場合です。この場合には夫婦とも同じ姓になるので、必然的に子も親と同じ姓を名乗ることになります。なお、家族が全員同じ姓を名乗ることになるのは、この場合です。
国際結婚して夫婦別姓にすると決めた場合、子が日本人の親と同じ姓を名乗るのならば、子は日本人の親の戸籍に入ります。しかし、外国人の親と同じ姓を名乗る場合、外国人の親は日本国籍がありません。更に、日本人の親とは姓が違うことになります。従って、子は単独で新しい戸籍を作ることになります。
いずれにしても、子が戸籍を取得するためには、法律の定めに従って期日以内に市町村役場に届け出をする必要があります。そうすることによって、義務教育を受けさせることができます。更に、就職や結婚、或いは銀行口座開設や賃貸住宅の契約の際など、社会生活の様々な場面で不利益を被ることがなくなります。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿