国際離婚と離婚前に知っておきたい法律について

国際離婚と離婚前に知っておきたい法律についてのお話しを致します。最初にまずどの国の法が適用になるのかという部分からになります。適用する国の法を準拠法といいます。日本の法を適用して離婚したいという場合は、日本人同士の離婚と同じく協議離婚・調停離婚・審判離婚・裁判離婚のいずれかによって離婚をすることになります。ただしここで注意しなくてはならないのは日本人の方は再婚が認められていますし、離婚してもそこまで肩身の狭い思いはしなくてもいい社会ですが、相手方の国によっては離婚自体が禁止されている国や、国際離婚した後に本国に戻った際に一生、結婚できないなんていう場合もありますので2人でよく話し合って子供のいる方はなおさら、慎重に進める必要があります。子供の人生にも係わってきます。子供の国籍はどこなのかどちらが引き取るのか等の問題は本当に山積みになります。法については専門家にお願いするのが一番ですし、自身はどのような人生にしたいかということをしっかり考え、弁護士さんや行政書士さん等の専門家の意見をしっかり聞く必要があります。法は随時変わっていくものですし、国際社会になった現在では今後更なる変更があると予想されますので、知識の補充を忘れないということが一番重要です。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿