家屋を修繕して節税する方法

「家屋を修繕すること」が節税対策になることをご存知でしょうか?生前に家屋を修繕しておくことによって、相続税を節税することができるのです。そもそも相続税とは、亡くなった方の財産を受け取られた方に対して課される税金のことであり、このときの財産には動産も不動産も含まれます。動産であるお金のままでも修繕の形で不動産に転換しても相続税の対象にはなりますが、「お金」のままの形として相続するよりもお金を物に交換することで相続財産を減らしておいた方が相続税が節税できるのです。例えば、自宅などの家屋は相続が発生すると相続税の課税対象となります。さらに相続した家屋を売買したり賃貸したりしようとした場合には、大抵は価値を高めるための何らかの修繕が必要となり多額の資金が必要になります。これらの資金も相続により受け継ぐ場合、家屋と資金のそれぞれに相続税が課せられてしまうのです。最初から修繕費として使う予定の資金であれば、課税により目減りする前に修繕に使ってしまった方が賢い方法と言えるのです。相続する前に使ってしまえば当然相続税の対象にはなりません。減価償却費の点から考えても、このような対策を取ることは有効な節税対策と言えます。xf1925061796l

コメントは受け付けていません。

最近の投稿