いつまで?申告と納税の期限

相続税は、相続が開始された事実を知った日の翌日から10ヶ月以内に申告と納税を済まさなければならないことが法律で規定されています。つまり、法定納期限は相続開始を知った日の10ヶ月後ということになります。ただし、法定納期限が土曜日や日曜日、祝日になっている場合は、その翌日が期限になります。
相続税の納期限に関することで重要なのは「相続開始の事実を知った日」の取り扱いです。これは、一般的には被相続人の死亡日のことをさしますが、ケースによってはこれ以外の日が相続開始を知った日として取り扱われます。例えば、死亡したものとして取り扱われる失踪者の相続人については、家庭裁判所による失踪宣告の審判が確定した日もしくは審判の確定を知った日が、相続開始を知った日とみなされます。
相続税の申告では、相続人が複数存在する場合は1枚の申告書で共同申告するのが一般的です。ただし、相続人の間で遺産分割において争いがある場合や、連絡がとれずに所在がわからない相続人がいる場合は、相続人が各自で自分が納付する相続税を申告することができます。共同で申告する場合でも、個別に申告する場合でも、法定納期限は変わりません。そのため、遺産分割協議は、相続税の納付期限ギリギリになるまで長引かせないように努めることが重要となります。

 

pet04_l

コメントは受け付けていません。

最近の投稿