不動産の名義変更の際にかかる費用と手順

不動産の名義変更と言っても、少し曖昧な言葉なのですが、具体的に言いますと、「所有権登記名義人の変更」という事になろうかと思います。しかしまた、登記名義人の変更と一口に言っても、その登記原因は一つではありません。売買、贈与、相続など、様々な原因が存在します。ここでは、相続による名義変更の際にかかる費用について解説してみたいと思います。相続登記をしようとする場合、司法書士に依頼するのが一般的ですのでまず、司法書士に支払う報酬が必要になります。相続登記には遺産分割協議書や戸籍・除籍謄本等様々な添付書類が必要になります。ケースによって必要書類が変わってきますし、相続人調査にかかる煩雑さ等も変わってきますので一概には言えませんが、費用としては10万円程度という事です。また報酬以外にも税金が必要になります。すなわち「登録免許税」という登記にかかる税金なのですが、こちらは土地、建物ともに固定資産税の評価額×4/1000と決まっています。ですので、土地建物の評価額が合計5000万円の場合ですと、登録免許税は20万円、という事になります。これに先ほど述べました司法書士に対する報酬をプラスしたものが、おおまかに言って相続登記にかかる費用、という事になります。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿