跛行婚ってなに?具体的な流れと注意点

日常生活では、ほとんど使うこともなくまた、新聞やテレビなどでも聞き慣れないのが 跛行婚です。
この文字をみても、読み方さえ分からない人が多くいるはずです。
まず、この読み方は「はこんこん」となります。
そして意味としては、 跛行は釣り合いがとれないことというものです。
この場合該当するのが、国際結婚です。
最近では、昔ほど珍しくはありませんが国際結婚の場合は一方の国では婚姻が認められるのに違う国では婚姻が無効となることがでてきます。
特に離婚するときに、日本では離婚事実が戸籍上も認められるのに他の国ではまだ婚姻関係が継続している状態もあります。
例えば、日本では協議離婚をして合意をしても、アメリカなら裁判をして離婚を認めてもらう必要がでてきます。
このように、国が違うとその方式も違いまず日本で離婚をします。
それから相手の国で、その法律に則り手続きをする必要がでてきます。
そのために、国際結婚には日本以外のルールがあるとよく認識をしておくことも必要です。
これは、離婚だけでなく反対の婚姻も同じことがおこります。
まず、相手の国で婚姻の手続きや申請をおこない認めてもらいます。
それから、日本でも婚姻届けを出すことで2つの国から結婚を認めてもらうことになります。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿