外国人元配偶者の在留資格基礎知識!日本人の配偶者等

最近、日本では国際結婚の増加にともなって国際離婚をするカップルが増えています。
そうした時に問題になってくるのが、離婚後の外国人元配偶者の在留資格です。日本人と婚姻関係にあるうちは日本人の配偶者等として与えられていた在留資格も、離婚をすることによって更新ができなくなります(離婚の話し合いや裁判をしている場合は在留期限の更新ができます)。また、離婚をした後も在留期限までは日本にいることができますが、その後は帰国するか在留資格の変更をしなくてはなりません。

例えば、日本人との間に子供がいて、なおかつ元配偶者が親権者となって子供を養育する場合は定住者(在留期間1年)への資格変更が認められます。また、日本人との間に子供がいない場合や、子供がいても日本人が親権者として養育している場合でも、定住者への資格変更が認められることもあります。その条件は日本で安定した職に就いていて、安定した生活を営んでいるということです。そして、それ以外にも元配偶者が専門性の高い職種に就いている場合、その仕事を理由に資格変更が認められます。
このように、離婚後も資格を変更することで日本人の元配偶者も日本に在留することが可能になります。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿