外国人元配偶者の面会交渉権、本国での扱いと対応

外国人元配偶者の面会交渉権は本国での扱いと対応をしっかりと確認しておく必要があります。これは基本的にケースバイケースなところがあるので、それぞれの状況からどのような扱いや対応となっているのかをしっかりと確認しなければなりません。国際結婚は双方の故郷が異なる国になることから、離婚をしてしまうと本当に色々とややこしく面倒なこともたくさん出てきます。しかしながら、子供を持っているなら親としては離婚をして離れ離れに暮すことになっても、定期的には顔を合わせておきたいところです。国際結婚をしてから離婚する時に迷う事として、子供にとって父と母のどちらの国で育つのが好ましいのかは本当に判断が難しいです。単純に夫婦の関係や感情から親権を決めるのではなく、双方の国の経済事情など、あらゆる面を考慮しながら最善の道を探す必要があります。夫婦関係が悪化している状況では二人だけでは判断することが難しいこともあるので、第三者の客観的な意見、弁護士の法的な意見など、様々な意見やアドバイスを参考にしながら判断したいところです。こうして色々と考えるうちに復縁することが最善の道だという結論に至ることもあるのでしっかりと話し合いましょう。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿