第3順位(兄弟姉妹など)について

相続の可能性がある人の中で、配偶者は無条件に相続することになりますが、それ以外は順位に従って相続人になるかどうかが決まっていきます。第1順位は子供、第2順位は親などの直系尊属、それに次いで兄弟姉妹は第3順位となります。子どもや直系尊属がいない場合のみ相続人になるという事がこの順位の意味になります。そのため、相続する確率は比較的低いといえるでしょう。具体的な相続分としては配偶者がいる場合は4分の1、いない場合は財産の全額を兄弟の数で割ることになります。
また、もっと大きな特徴として兄弟には遺留分がないという事が挙げられます。配偶者や子供、直系尊属には遺留分がありますから、遺言で相続分を減らしていても、遺留分にあたる額については請求できることになっています。そのため、全く相続させたくないというときには廃除の手続きなどを取らなくてはなりません。しかし、そういったことが兄弟にはないですから、兄弟に相続させたくないというときには遺言で相続分を残さないだけで済むことになります。兄弟や姉妹にはこうした特殊性があるので、遺言を残す場合や相続が起こった場合はこういった特徴についても注意する必要があります。ウェディング10

コメントは受け付けていません。

最近の投稿