第2順位:直系尊属(父母、祖父母など)について

ある人が亡くなった場合、多くの場合に発生するのが相続です。これには順序などが民法等に定められています。
配偶者がいる場合には、配偶者が2分の1、次順位の人たちで残りを分配するのが最も典型的です。配偶者が第一順位で、子供がいない場合には、直系尊属が第2順位となります。直系とは、傍系に対する言葉で、簡単に言うと縦の繋がりを指します。尊属とは、簡単に言うと年上の人を指すことになりますので、親子や祖父母などが典型的となります。これに対し、傍系とは横の繋がりを指し、兄弟姉妹や叔父叔母などが典型例になります。
ここで理解しておきたいのが、配偶者がいる場合には、まず配偶者が2分の1を得て、その残りを同順位の直系尊属間で分配するという点です。つまり、直系尊属の数が多い場合には、それだけ各人の相続財産は少なくなります。
これらはあくまで法定の相続割合ですので、これと異なる配分を予め示しておくことも出来ます。その場合、遺言や公正証書が使われることが多いのですが、注意したいのが遺留分です。法定相続人に全く相続させたくない場合でも、原則として全くゼロにすることは出来ないのです。いずれにしても、法定の相続割合と異なる相続を行いたい場合には、生前の準備が重要です。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿