相手の国で勝手に離婚されたときの対処法

国際結婚というのはいろんな意味において大変なものですが、これは離婚時にもあります。相手の国で勝手に離婚されてしまうなんてことも十分にありえる話です。もし、こうした状況になってしまった時は一つのポイントとして書類上にサインをしたのかどうか、ここがまず大事になります。基本的に書類状はまだ婚姻関係なのであれば、その書類に同意しない限りは婚姻状態を継続することになるので財産分与などを含めてしっかりとトラブルを解決していくことが出来ます。もし、強制的な形からサインを求められた場合は弁護士に相談をしましょう。おどしとも言える状況なら、それは訴訟に発展させることが出来ます。様々なケースが想定出来るものですが、困った時は弁護士に話をして問題に着手してもらうのが良いです。状況によってはそうせざる終えないこともあります。国が違うと当然ながら法律も違います。その国において弁護士を雇いしっかりと問題を解決しなければなりません。注意をすべきポイントは泣き寝入りしないこと、時間をかけてじっくりと離婚問題に取り組み、納得できるまで裁判になっても争う姿勢を持つことが大事です。そうしなければ損をしてしまうことがあります。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿