‘2015/11’ カテゴリーのアーカイブ

家屋を修繕して節税する方法

2015/11/23

「家屋を修繕すること」が節税対策になることをご存知でしょうか?生前に家屋を修繕しておくことによって、相続税を節税することができるのです。そもそも相続税とは、亡くなった方の財産を受け取られた方に対して課される税金のことであり、このときの財産には動産も不動産も含まれます。動産であるお金のままでも修繕の形で不動産に転換しても相続税の対象にはなりますが、「お金」のままの形として相続するよりもお金を物に交換することで相続財産を減らしておいた方が相続税が節税できるのです。例えば、自宅などの家屋は相続が発生すると相続税の課税対象となります。さらに相続した家屋を売買したり賃貸したりしようとした場合には、大抵は価値を高めるための何らかの修繕が必要となり多額の資金が必要になります。これらの資金も相続により受け継ぐ場合、家屋と資金のそれぞれに相続税が課せられてしまうのです。最初から修繕費として使う予定の資金であれば、課税により目減りする前に修繕に使ってしまった方が賢い方法と言えるのです。相続する前に使ってしまえば当然相続税の対象にはなりません。減価償却費の点から考えても、このような対策を取ることは有効な節税対策と言えます。

財産の評価を下げるために必要なこと

2015/11/23

亡くなった方がその日に所有していた動産や不動産などは全て相続財産として考えられ、相続には相続税が発生します。存命中に相続財産とみなされるものを減らしておけば相続税を節税できることになります。浪費せずに財産そのものは残しながらも相続税を節税する方法の一つに「財産の評価を下げること」があります。財産には動産や不動産など様々な形がありえますが、それぞれの評価方法が異なり、それぞれの評価額を下げる工夫をしておくと相続税を下げることができます。
不動産であれば相続時の形状や大きさによって減額内容も変わってきます。また、その時の利用状況によっても評価の方法が異なり、他人に貸与している場合には評価が低くなります。このように、状態によって相続税の負担が変わりますので、生前に現状での相続税の額を確認し、可能であれば相続税を下げる工夫をしておくと良いです。例えば、財産の評価としては、現金のままで相続するのが最も相続税が割高になってしまいます。現金を土地や建物などの不動産に変えるだけで財産の評価は下がります。土地は時価の8割程度の路線価評価となり、建物は時価の4割程度の固定資産税評価となります。これらの土地や建物を他人に貸すとさらに財産の評価は下げることができます。他人に貸与した土地は貸家建付地という分類となり貸与前の土地の評価の約8割の評価となり、他人に貸与した建物は貸与前の建物の評価に借家権割合である7割をかけた評価になるという具合です。

養子縁組の方法

2015/11/23

養子縁組をすると、次のような理由から節税効果があります。
まず、相続税の基礎控除が養子1人につき1000万円増え、死亡保険金、死亡退職金の非課税限度額も養子1人につき500万円増えます。また、相続人1人あたりの法定相続分が減少するため、相続税の税率が低くなり、相続税の総額が少なくなります。孫を養子にすると、相続を一代飛ばすことができます。
養子をとる場合には、注意点があります。代襲相続を除いて孫を養子にした場合には、本人負担の相続税は2割増しになります。また、子どもの数にも制限があります。相続税の計算をする際の被相続人の養子の数は、実子がある場合は1人、ない場合には2人までです。養子自体の人数制限はありませんが、相続税の計算をするときにのみ制限が適用されます。さらに、節税を目的に養子をとった場合には、税務署から租税回避行為と見なされて、法定相続人に養子を入れないで相続税の計算をすることになります。税務署から認められるような特別な意思を明確にしておきましょう。
手続きには、双方の同意が必要で、本籍地か住所地の市町村役場戸籍係に届け出ます。養子が未成年の場合には、法定代理人の承諾が必要になります。

生命保険を使った節税の対策について

2015/11/23

人は誰でも、いずれは亡くなります。そして、その人の死後、残された家族は、経済的不安に直面する場合もあります。そこで、こうした万一の事態に備え、生命保険に加入する人は多いと思います。
ところで、この場合の死亡保険金に相続税は課税されるのでしょうか。もちろん、死亡保険金も相続税の課税対象となります。ただし、一定の非課税枠が存在します。つまり、死亡保険金を受け取った場合、その金額が非課税枠の範囲内に納まれば、相続税を支払う必要はないのです。ただ、条件として、保険料の負担者と被相続人が同一である必要があります。
そして、課税対象となるのは、全ての相続人の受け取る保険金の合計額が「500万円×法定相続人の数」を上回った部分の金額となります。
一例として、保険料を自身で負担していた被相続人である父親の死亡によって、死亡保険金を受け取る場合を想定します。このとき、相続人の数が、配偶者である妻と子供2人の合計3人である場合、非課税限度額は「500万円×3人=1500万円」までとなります。ちなみに、この同じ想定で、配偶者である妻が保険金の受取人として指定されていた場合、つまり、受取人が1人の場合でも、1500万円までが非課税となるのです。
逆に、自分の死後、家族に保険金絡みの負担をかけないためには、少なくとも、自身で保険料を負担した方が良いことになります。

遺産分割を利用した節税対策について

2015/11/23

遺産相続することが決まった場合では、節税を意識することもおすすめになり、実際に用意されている遺産の内容によっても異なる一面を持っているものですが、事前に知識を持っていることによって、節税効果を高めることができます。遺産分割という方法が用意されています。一般的に用いられている内容としては現物分割という項目があります。現物に関しては手を加えることなくそのまま分割する方法になり、例えば現金と不動産、他の動産をそれぞれの相続人に分担する方法が行われています。共有分割と呼ばれる方法もあります。この内容は名称通りに同一の遺産を複数名で共有することになりますが、多くの方が選択しない方法としても知られていますが、不動産などの場合では効果的に機能する方法と言うこともできます。また、取得費加算の特例という内容があります。この内容では例えば不動産を持っている場合では、住宅等を解体して更地にして売却を行い、現金化を行う方法があります。この際にかかる経費に関しては取得費加算として計上されることになるために、その部分に関しては一般的な商取引でも利用されているように、経費として処理されることになるために、結果的に節税を行うことができる方法になります。

遺言を使った節税対策とは

2015/11/23

人が亡くなると、その瞬間から相続が発生します。そして、一連の相続手続きの過程において、まずは、相続人が集まり、遺産分割協議という話し合いが持たれることになるでしょう。この話し合いが滞りなく進展すれば問題ないのですが、相続に関する話し合いというものは、概して、遺族同士の思惑の衝突の場となることも多く、収拾がつかず、トラブルに発展する可能性もあります。トラブル発生の要因として、不況を背景に、相続人世代の収入が減り、親の財産に頼る者が増えている事情もあるようです。
このような相続上のトラブルを未然に防ぐ対策として、遺言書を作成しておく方法があります。もちろん、被相続人としての自分自身の意志を反映させるという意味もあります。例えば、自分の世話をしてくれた親族に、財産を多く相続させたいといった感謝の気持ちや、音信不通となった親族に相続させる財産は、極力、少なく抑えたいといった思いなど、様々な意志があるでしょう。
そして、遺産分割が10カ月以内に終了すれば、各種の減税特例の適用が可能となり、節税にもつながります。つまり、遺産分割協議を滞りなく終息させるために、意志を文書に遺しておけば、結果的に節税対策にもつながるのです。猫06

課税する意味とは

2015/11/23

相続税という形での課税には、富の再分配を促すという機能があります。というのは、ある人が亡くなった場合、その人が生前有していた財産の全てを子孫や親族に残すとすると、豊かな家庭に生まれた人は更に豊かになりますが、そうでない人に与えられるのは、機会の平等のみで、そこから豊かになるのは大変なことも多々ある為です。
このような趣旨から、相続税は、全ての人が支払う訳ではなく、一定額以上の財産を相続した人のみを対象としています。
つまり、経済的に豊かな人が亡くなった場合に、その一部を国家が預かり、様々な形で、経済的にあまり裕福でない人たちも恩恵を受けられるように設計されています。
したがって、相続税を課税される財産のラインが高い国ほど純粋な資本主義国家と言え、逆に人が無くなったらほとんどの財産はいったん全て国家に預けるとすると、純粋な共産主義国家と言うことも出来ます。
日本の場合は、資本主義を採用していますので、法改正で時折金額が変わることがあっても、原則としては前者になります。
そこで節税に使われることがあるものの一つが生命保険です。相続税は、相続する人一人当たり幾らまでは非課税、といった具合に一部が免税になることからです。この金額や細かい条件は、法改正などで変わる為、節税の目的で生命保険を利用する場合には、確認すると良いでしょう。猫05

各種控除について知ろう

2015/11/23

相続税は、亡くなった人にあたる被相続人の財産を、配偶者や子供などの相続人が受け継いだ際に国に納めなければならない税金ですが、財産とはいっても不動産のようにいったん換金が必要になるものが含まれるほか、一度に多額の納税が必要となれば、相続人が後々の生活に困窮してしまうというおそれもあります。
このため、法律で定める特別な場合については、それぞれの相続人が負担すべき相続税の金額から一定の金額を差し引くことができるという、さまざまな控除のしくみが用意されていますので、こうした制度を有効に利用して、相続税を節約することができます。
まず、障害者控除というのは、相続人が85歳未満の障害者であるときに、相続税の額から一定の金額を差し引くというものです。相続人が85歳に達するまでの年数を計算して、1年につき6万円が認められますが、特別障害者とよばれる重度の人については、12万円までが認められています。
相次相続控除は、被相続人が死亡前10年以内に相続した財産について、ふたたび相続税がかかる場合に、前回納めた相続税額の一部を控除するというものです。両親が立て続けに亡くなってしまった場合の子供の相続税の納税などの場合に使える方法です。
外国税額控除は、外国にある財産を相続によって取得した場合に、その財産に外国で相続税にあたる税金が課税されたときには、その金額相当分が、日本の相続税の計算上差し引かれるというものです。猫04

算定の方法

2015/11/23

故人から遺産を相続したときに掛かるのが相続税です。相続税の算定方法はとても複雑なため具体的な計算はプロの税理士に依頼することになりますが、大まかな流れとしては次の三段階に分かれます。
一つ目は「課税遺産額の計算」です。課税遺産額は「課税価格」から基礎控除額を引いた金額です。「課税価格」は「本来の相続財産」に「みなし相続財産」と「相続開始前3年以内の贈与財産」と「相続時精算課税による贈与財産」を加え「非課税財産」と「債務」を差し引いて算出します。
二つ目は「相続税額の計算」です。相続税額を計算するには、まずそれぞれの相続人が、民法に定められる法定相続分に従って財産を相続したと仮定して「取得金額」を計算します。この金額よって税率や控除額が異なり、それぞれの相続人の相続税額が仮定されます。この仮定として算出された相続人ごとの相続税額の合計が相続税の総額となります。
三つ目は「納付税額の計算」です。相続は必ずしも法定相続分に従って行われるとは限りません。そこで算出した相続税の総額を、実際に相続した課税価格に応じて割り振り、相続人ごとの税額を再計算します。このとき、税額控除や加算がある場合には、調整して最終的な「納付税額」を求めるのです。???? Vol.124 ????????

上手に節約する方法

2015/11/23

相続税を節約するなら、生前から準備をしておく必要があります。おもな方法としては、贈与税の基礎控除を利用する方法と、財産を不動産として所有する方法です。それぞれどのようにすればいいのでしょうか。
贈与税には、110万円の基礎控除があります。つまり、1年の間に贈与した額が110万円以下なら、贈与税がかかりません。よって、被相続人に対して、それぞれ毎年110万円づつ贈与していけば、その分相続のときの額が減ることになり、節税になります。一方配偶者に対する相続の場合は、居住用不動産及びその取得資金として贈与する場合は、2000万円までは贈与税が加算されません。ただし婚姻期間20年以上の配偶者に対し1回のみ可能です。同じく、子や孫に対しても、住宅資金向け贈与に関しては特例で2000万円までの贈与は非課税になります。これは20歳以上の子や孫に限ります。
一方、相続財産で不動産を購入した場合、それを相続する場合は現金資産よりも資産価値が低く評価されます。これは,不動産評価が時価ではなく固定資産台帳や路線化から算出されるためです。一般に、建物の場合5割から6割前後で、土地の場合は路線化の8割程度で評価されますので、その分節税になります。

最近の投稿